40歳過ぎて脱サラ起業!体験したから言えること!
アマガサシゲルの起業のススメ(BLOG)

副業で稼げていても、会社を辞めて起業したい?

起業 副業 学院 0719

副業で稼げるならば、起業しなくてもいい?

サラリーマンが副業で安定的な利益を出していると、このままでよいのでは?という気持ちになる場合があります。

それなりに利益をだしていれば他のサラリーマンに比べて余裕のある生活ができます。

わざわざリスクを背負ってまで起業する必要がないのではないか?

そう考えるのはごく自然な気持ちだと思います。

でも私の場合、副業で安定的に利益をだしていても、起業したいという思いは全く衰えることがありませんでした。

理由は何故か?

それは当時勤めていた会社が嫌で嫌で仕方なかったからです。

部下や同僚はとてもいい人ばかりで何の不満もありませんでした。

また会社での立ち位置も作り、立場も悪くありません。

年収も悪くない。

では嫌な理由は何だったのか?

それは社長です。

今はを経営していくことの大変さを知り、従業員に給料を支払い続ける大変さを知り、大変尊敬していますが、当時は本当に嫌いでした。

特に嫌だったのは会議です。

朝から晩まで目的が見えない無駄な会議。

だれも聞いてない話を何時間もしゃべり続ける社長。

本当に私にとって苦痛でした。

ただ聞いているだけで、給料もらえるなら楽でいいじゃないか?

なんていう考えもあるかもしれません。

しかし、私にはそういった考えは微塵もありませんでした。

こんな会議の仕方ではなく、もっと時間を有効に使えるの会議にすべきではないかと、会議中に進言したことさえあります。

会議中、自分の思いをスケジュール帳に書き殴っていたのを今でも思い出します。

でも今思うと、この社長が嫌いだというエネルギーが、起業への大きなエネルギーとなっていたと思っています。

人間どこでエネルギーを発揮できかわかりませんね。

あなたは絶対に起業するぞ!と思えるようなエネルギーはありますか?

セミナーにいくつぐらい参加しましたか?

起業 副業 学院 0723

起業関連にとどまらず、自己啓発系のものを含めると数え切れないぐらい参加しました。

ただ、今振り返ると「自己啓発系のセミナー」が起業に対して、役にたっていたか、たっていなかったかというと、非常に微妙ですね。

今感じることは
「自己啓発」と「起業」は全く別物。

私が起業したい、と強く思っていたのに、なかなか起業できなかった理由が「自己啓発」に力をいれ過ぎていたから。

・自己啓発で意識が高くなるとビジネスアイディアも出てくると勘違いしていた。
・意識が高くなると起業にプラスになると勘違いしていた。

自己啓発は悪いことではありません。

しかし、それだけでは起業できないし、起業後起動に乗せることもできません。

起業セミナーに参加したり、本も読みました。

でも起業って、起業して気づくことが本当にたくさんあるんです。

自転車乗るために、

「自転車が乗れるようになる本」

を読むような感じです。

自転車乗れるようになるには、本読むより、自転車乗って、転びながら覚える。これが一番はやい。

転ばないように、後ろを両親に抑えてもらったほうがうまくいくのと同じです。

もしあなたが起業のための勉強ばかりしていたら、私みたいにならないように気をつけてくださいね!

行動あるのみです!